2018年セミナー・社長会案内

毎月第3木曜日開催

2018年1月25日(木)
 "キャリア"をデザイン
2018年3月15日(木)
 傾聴力とフィードバック
2018年5月17日(木)
 転機-攻めに転じる守りとは
2018年7月19日(木)
 言葉の壁・心の壁
2018年9月20日(木)
 クレーム対応-活かせば資産

※2018年10月以降のセミナーは
 随時ご案内致します。

ネットによる誹謗中傷被害

ネットによる誹謗中傷被害

医療法人A理事長の親族とのビジネスにアウトローが介在し、虚言を弄して事実を歪曲してA理事長の畏怖困惑に乗じて保証人に仕立て上げ金員を喝取しようとネット上に誹謗中傷を執拗に続ける。
A理事長は、医師として研究熱心で先進医療に邁進し、医療人の範となる技量、経験を持つ人格者にして、医療の経営判断は適確であるが、反面医療以外の世界に疎い弱点を悪用され謂れ無き書面に押印させられ、それを種にしたアウトローは、事実無根の虚言を使いネット上に誹謗中傷を繰返し経営に悪影響を及ぼした。
最近のアウトローの資金源としてネット記事を悪用して資金を得ようとする犯罪が目立つ様になった背景には、「医療関係者は裕福」「世間に疎い善人」「人を疑わない」「お金で解決しようとする」「被害者意識が無い」等々からアウトローがターゲットになっている。
医師としての見識だけでなく「悪に立ち向かう」日々コンプライアンス、危機管理意識を持つ必要がある。
トップへ戻る